お問い合わせ

いよいよ本格的な夏到来です。という訳で工場に秘密兵器(?)が今日から投入されました。かなり原始的だけどね(笑)

おはようございます。梅雨も明けて(梅雨が明けたのを昨日知ったおバカな私です)もう夏が目の前ですね(この時期を「うりずんの季節」というのですがそれどころではないですね)カープロショップの工場は西日が結構強い配置なってます。だからといって手をこまねいている訳にはいきません。そこで西日対策用の必殺兵器が登場しました。

それは、これだ。「えっ?何が?」と思った方も多いと思います。工場にすだれを付けたのです。これがあるとないとでは午後からの日差しの当たりが全然変わってくるとの事でした。確かに地味だとは思いますが(笑)

工場内から見るとこんな感じ。結構よさげでしょ。これで西日に対抗していく各スタッフなのでした。という訳で若い人には負けられないと、老骨鞭打って駐車場付近の草刈をするのはいいけど、午後には加齢臭と疲労感で仕事の効率低下とまわりへの迷惑をばら撒いるおバカな私に明日はあるのか・・・と嘆きつつ次回に続く。

 

スマホとカーオーディオをスマートに接続したい、と思う方は必見。これなら純正調で見た目も実用性も高いです。

こんにちは。私のカーオーディオは携帯の音楽等、USBを使って聞く事ができます(最近では当たり前かな。例えばWeb動画も音や音楽はステレオに出来ます)ところが、面倒なのがその取り回し。

こんな感じにどうしてもなりますよね。AT車ならまだしも、GM車なら操作性も×。そこで購入したのがエーモンの「USB接続通信パネル」というもの(作業場面と箱は写真取ってません、すんません)この製品はパネル内既存の空きスイッチパネルを利用してUSBの差込口を作っちゃおう、という製品。純正のスイッチパネルと同じ大きさなので、違和感一切無しで取付けられるし、上写真のようにオーディオのUSBの取り回しを考える必要もなくなりますね。各メーカー用あります。

実際、取付けたのがこれ。ハンドルコラム左側の空きスイッチパネルに付けてみました。ここに付けてよかったのが、シフトノブ付近にケーブル類がごちゃごちゃしなくなった事とすこ~しだけど高級感が上がった事かな。iphone5Cでも問題なく利用可能です。各メーカーによってスイッチの大きさや取付できる場所等が異なっていますが、現在コンソール回りがケーブルでゴチャゴチャしていてそれに嫌気を感じている方は、一考の余地があると思います。という訳で次回に続く。あっ、この手の製品の取付が初めての方にはちょっと面倒(パネル裏へ余った配線隠したり等)かな、という気はします。

 

 

安全と安心を考えてCellstar ASSURA AR-111EAを取り付けました。これでエンジンコンディション確認と安全運転はバッチリだ。

おはようございます。久しぶりに散財して愛車ミラL275Sに新しい機器を追加しました、それは「Cellstar ASSURA AR-111EA」です。事の始まりは通勤に高速道路(無料区間)を利用するようになったからです。万が一うっかり運転でスピード違反して捕まったら大変ですからね(罰金と行政罰が→本音)いやいやそれよりエンジンコンディションを把握するのが先決でしょう(→建前)

という訳で、こちらがその商品です。もう型落ち品のようで安くなっていた為、その値段(諭吉一人に英世5人ちょっと)につられて某カーショップで購入しました。この商品、レーダー探知機以外にもエンジンのコンディションを情報として確認できる機能もあります。私は以前から水温計が欲しかったけど、水温計取付けるにはラジエーターパイプをズバっと切ってアタッチメント付けないといけないから、躊躇していたんですよね。でもこれで水温を確認する事が可能となりました。

あっと、いう間に取付けが完了しました(実は結構大変な作業ではありました)。常時確認したいので直ぐ目に行くオーディオ下の小物入れとオーディオカバーを少しカットして取付しました(下の隙間が酷いのなんのって)固定は付属のステーでは無理だったので超強力両面テープで固定しました。

真ん中あたりに何やらコードのようなものと黒い箱のようなものが見えますでしょ、これが同社から出ている「R0-115」という車のOBDⅡ(診断ユニット)同社からオプションで出ているアダプターです。これはエンジンコンディションと電源を車のコンピューターから貰おうというやつで、これをまず取付けないとエンジン情報は見れません。L275Sミラはアクセルペダル真上にOBDがありました。全ての接続後にエンジンかけても本体がまったく動作せず一瞬青くなりましたが、実は接続する為の順番があったようです(本体にユニット接続→エンジン始動→OBDにユニット接続、で問題なく起動するようになりました、やれやれちゃんと書いとけよ~)

起動を左から見てみます。ちゃら~ん、とオープニングセレモニー。「シートベルトを着用して下さい」と音声メッセージ(このメッセージはなしにも出来ますよ、今はそうしてます)続いて機能が表示(その表示になってしばらくすると「GPSが計測されました」と音声メッセージが出てきます)となります。機能についてはカスタム(表示したい項目を3つ迄表示、この写真では上から水温・インマニ計・平均燃費としてありますが、テキスト(計測可能な全ての表示していく、かなり沢山あります)表示もOKです。それ以外にも表示(壁紙)は色々あるので興味のある方は、メーカーHP等で確認してみてください。画面はピーカンでも見やすいです。これで万が一のスピード超過からの安心とエンジンコンディションをリアルタイムに見る事が出来る安全を得る事が出来ました。まぁ~、強いて難点というとOBDがアクセルペダル真上にある為、時々ですけどこの機械に足を打ってしまう事がある、事くらいかな(3枚乗っていたフロアマットの1枚を抜いて、高さを調整した結果かなり改善はされました、完全という訳ではありませんけど)という訳で、これからは安全&安心運転を心がけようと次回に続く。

 

今から二昔以上前は、こんな形で存在してました。

こんにちは。これからお見せするものは私の年代からしたら、懐かしいなあ~と感じてしまうものです。

まずはこちら。見てぱっとわかるとは思いますが、上段がラジオ(AMラジオ)で下がベンチレーションスイッチです。この頃のラジオはダイヤルに下にあるボタンを押してガッチャンと局を選ぶようになってました。私の子供時代はこのボタンがとても硬く感じました。ラジオといえばこの頃の車用カセットって知ってますか?カセットの大きさは何とビデオテープ(βの方)くらいあったんですよ。これもガッチャンスイッチだったよ~。ある程度指に力ないと扱えませんでした、特にエジェクトボタンは(笑)ラジオの下にはベンチレーションがありますね。車にエアコンなんて上流家庭のアイテムだった時代です。庶民の車にあるのはせいぜい送風とヒーター位。この車もそうなってますね。パーキングランプとハザードランプもここに付いてますね。これは引張ればON、押せばOFFというスイッチです(何スイッチって言うんだろう?)

先程エアコンの話をしましたが、これが当時のエアコン。付いてる場所は助手席グローブボックス下になります。ということはオプション品ですね。当時はこのようにエアコンをオプションで買う時代でした。軽クラスには設定さえもなかったですけどね(笑)我が家が初めてエアコン付車を買ったのが私が小学校高学年(ひょっとしたら中学生)になってから、トヨタスプリンターでした。今や軽自動車でもフルオートエアコンが当たり前の時代。そう考えると、あの時代を生きた人々はさぞかし頑丈で我慢強かったんでしょうね。ちなみにこの写真はケンメリスカイラインです。と今の車の進歩に感謝しつつ次回に続く。

 

GM車持ってるとか長距離移動なら是非欲しい装備、それはフットレスト。という訳で付けてみました。

こんにちは。GM車(ギアーミッションですよ、ゼネラルモータースではありません、悪しからず)L275Sミラを持つ私はフットレストは是非欲しいアイテムだと思いましたところが純正アクセサリーにない・・・無いなら何か流用できないかな~と、早速解体屋さんへ。

「へい、お待ち」と取付したフットレスト(・・・早すぎだろ)実はこれL700Sミラのフットレストを解体車から外してつけたやつです。このタイプはステーが別にあってまずステーをボディーに固定して本体を取付ける方式を採ってます。このステー取付作業が大変でした。内張り剥がして、位置合わせして、色々曲げたり、切ったりしてクラッチ操作に邪魔にならず足がしっくり納まる箇所を決め、超強力両面テープを使って固定(結構ガッチリ付いてます)後は内張りを元に戻して本体を固定します。結構カッコいいでしょ。強いて問題があるとしたらコンソールに時々足が軽くぶつかってしまう事があるということ位かな。まぁコンソールは現在GD・GEフィットのコンソール流用の新しいもの作ってるのでこちらで対策するとしましょう。という訳で次回に続く。

 
お車のことで悩んだら気軽にお電話ください!【098-850-0007/営業時間 9:00~18:30】