お問い合わせ

軽貨物車でもキーレスは欲しい。という訳でダイハツハイゼットバンをキーレス化している途中です。懐かしいな~、私も以前ミラジーノで似たような作業やったことありますから。

こんにちは。最近の乗用車電動ドアミラー、集中ドアロック、キーレスエントリー、なんてない方がおかしいという時代です。しかし、軽貨物は運転に支障ない程度の装備のみ、が当たり前です。でもいるんですよね~、乗用車並みの装備もある程度は欲しいという方も・・・今日は軽貨物車にキーレスエントリーの取付けをしている作業を見つけたので、少しばかりお見せしたいと思います。

という訳で、ダイハツハイゼットバン運転席側ドアの内張りを外した状態がこれです。以前からこのブログをご覧の皆様は、私のミラのドア内張り外し時の状態を見たはずですから、その差がわかると思います。実はこれ作業中の写真なので真ん中あたりを横断する配線ケーブルが新設されていることに気づかれたはず。

ドアロックピン(ドアロック開け閉めする際に使う棒)の真下にこのようなものが増設されています。これはドアロックを動かす為のモーターです。簡単に言うと、通常人の手でやるドアロックの開閉(通常上下運動)をこのモーターでやってしまおうというのがタネです。ですから上に伸びるワイヤー(棒みたいなもの)は本来のドアロックのワイヤーに繋がっているんですね。

ボディー側から出ている配線(左2本)とモーター配線(なぜか4本)です。線の色が一緒だから間違えることはないでしょうね、私のようにそそっかしい人でない限り(笑)ちなみにモーター配線に隠れるように見えるボルトがモーターを固定しているボルトです。

ぎぇ~!って感じでボディー側の配線が放置されています(多くの車に対応させる為に結構長く設定されてますよ)ここに電波式キーレス用のリレーと受信機(棒アンテナかも)が設置されるはずです。配線は恐らく常時配線、アース、左右モーター用配線があるはずです。なんとなく通ぶいていますが、実は私もかつてミラジーノのキーレスを、使い物にならない赤外線式から電波式に変更した経験があります(キーレス本体はオクで購入、ひょっとした今回もそうかも・・・)ミラジーノは集中ドアロック式だったのでモーターを増設する必要はありませんでしたが、逆に配線は大変でした。確か「リバースポラリティー」という電気の流れを利用していたので、配線が7~8本繋いだ記憶があります。ある線はタップで割込み、ある線はリレー側配線とつなぎ換えという面倒な作業を行った記憶があります。配線切る決断に1日、さらに切るのに2時間かかりました(笑)という訳で、多少の経験を笠に着てしったかぶりで次回に続く。この勢いでパワーウィンドーまで付けたらいいのにね、金城工場長は配線するの大変かもしれないけど・・・。確かパワーウィンドウ付きタイプもあるから、ひょっとしたらボディ側には配線があるかも・・・いや~ないだろうな~。

 

 
お車のことで悩んだら気軽にお電話ください!【098-850-0007/営業時間 9:00~18:30】